HOME > 事業紹介 > 開発 > 東京ガーデンテラス紀尾井町

東京ガーデンテラス紀尾井町

2011年3月に営業を終了したグランドプリンスホテル赤坂跡地の再開発プロジェクト「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、東京都指定有形文化財の旧李王家東京邸の保存・復原をしつつ、ホテル、オフィス(「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」)、商業、カンファレンスなどで構成する「紀尾井タワー」と、全室賃貸住宅の「紀尾井レジデンス」の2棟の超高層タワーにより、地域の持続可能な発展を目指しながら、紀尾井町のもつ歴史的環境や自然環境と調和した国際色豊かな複合市街地を目指し、2016年7月に誕生しました。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」テレビCM

開発を支えた特殊工事

画期的な解体工法「テコレップシステム」

最上階の屋根を巨大なジャッキで支え、蓋代わりに建物を覆い、騒音や粉塵の飛散を最小限に抑える工法を採用しました。

新館の解体

赤坂プリンス クラシックハウスの曳家

総重量約5,000tにもおよぶ旧館(現・赤坂プリンス クラシックハウス)の曳家工事をおこない、地下工事を進めました。

曳家工事の様子

街を構成するファシリティ

紀尾井タワー

地上36階、地下2階、高さ約180mの「紀尾井タワー」は最上部にプリンホテルの最上級ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」を擁し、国内最高ランクのオフィスフロア、4つのおもてなしゾーンで構成する商業フロアやさまざまなバリエーションをもつカンファレンスを備えた複合ビルです。

赤坂プリンス クラシックハウス

1930年の建設当時の状態に復原し、気高く優雅な往時のしつらえを取り戻すと同時に、多様なニーズにお応えする料飲施設やバンケットを有しています。<東京都指定有形文化財>

紀尾井レジデンス

地上21階、地下2階、総戸数135戸の賃貸住宅。多彩なライフスタイルに対応し、緑に寄り添う良好な環境と、都心のアーバンビューを楽しむことができます。

ランドスケープデザイン

敷地内の緑化率は約45%を確保し、都心の貴重な緑地と連携したエコロジカル・ネットワークの形成に貢献。また、敷地内9カ所にパブリックアートを展示し「緑」と調和するアートをご覧いただけます。 <SEGES(社会・環境貢献緑地評価システム)「都市のオアシス」に認定>