HOME > 事業紹介 > 開発 > 所沢駅東口駅ビル計画(グランエミオ所沢) > 計画概要

計画概要

「所沢駅東口駅ビル計画」の詳細をご案内します(第Ⅰ期:2018年3月2日開業、第Ⅱ期2020年夏頃開業予定)

「所沢駅東口駅ビル計画」は、将来の西口開発計画も見据えながら、街の進化を促進させることをテーマとして、駅をご利用されるお客さまや近隣にお住まいの皆さまにとって利便性が高い「コミュニティ型の商業施設を中心とした駅ビルの開発」を進めています。
東口の敷地を中心としたエリアで開発するⅠ期計画と、既存駅舎や西口の既存商業施設敷地を含むエリアのⅡ期計画の2つの計画から成り立っており、Ⅰ期計画では、東口側の商業店舗の開業と、商業施設へ直接出入りできる新たな改札を2018年3月2日に設置し、Ⅱ期計画では、線路上空の商業店舗等と南側の新改札を2020年夏頃に開業を予定しています。

施設の特徴

特徴

別ウィンドウで拡大表示されます断面図

線路上空には地上3階、東口には地上5階建の複合施設を開発

既存の駅舎・駅ナカ商業施設「エミオ所沢」を活かしつつ、新たに線路上空と東口社有地に加え、既存の店舗などを解体した敷地を活用し、線路上空には地上3階、東口には地上5階建(店舗1~4階、駐車場4・5・屋上階)の鉄道施設を挟んだ東西を一体化した駅舎と商業施設からなる複合施設の開発をおこないます。

改札前吹抜

外観については、東口は駅の顔に相応しいゲート性のあるデザインとし、街に開かれたイメージを与えます。西口についても、配色やカーテンウォールなどにより、既存駅舎と協調性のあるファサード(正面外観)を形成いたします。駅前の醸し出す賑わいと連動するファサードとすることで新しい所沢の玄関口として相応しい顔づくりも進めてまいります。
また、改札前の新設通路(吹き抜け空間)は、ダイナミックな大屋根空間が広がり、洗練された店舗が重なる風景を描くことにより、潤いと賑わい溢れる環境も演出いたします。

店舗・フロア構成

1F 日常生活に不可欠な食品・日用品フロア(駅利用者の利便性と周辺住民の日々の食卓に彩りを添える、生鮮3品専門・惣菜・グロサリー) 2F トレンド発信・駅ビルファッションの充実したフロア(集積感のあるファッション・雑貨・上質なセレクトショップ) 3F 駅利用者・周辺生活者向けライフスタイルフロア(テラスを利用したカフェ・レストランや集客力のある大型書籍等の専門店) 4F カルチャーと公共施設(+駐車場)フロア(所沢市パスポートセンター・サービスコーナー・学習塾) 5F・RF 駐車場フロアフロア構成

多様なテナントを集積した店舗フロアを構成

店舗面積は約18,500m²の規模となり生鮮食品・グロサリーに加え、所沢市の市民サービスコーナーなど日々の生活をサポートするサービス、さらにアパレル・ファッション、雑貨、書籍、カフェ・レストランなど、約120区画の多様なテナントを集積した4層からなる店舗フロアを構成いたします。

駅施設

別ウィンドウで拡大表示されます2階平面図

改札内と店舗を結ぶ新たな改札を設置

駅から商業施設の北側へ直接出入りできる改札の新設など、利便性の向上とともに、広場の整備などお客さまの憩いの場をご提供し、次世代型の駅ビルを目指してまいります。
また、現在の駅通路に加え、南側の新改札周辺に東西方面・南北方面へと行き来できる通路を新設、街の回遊性を高めることで地域への貢献をはかってまいります。

駐車場・駐輪場

駐車場・駐輪場の設置

駐車場については、建物の上層階に設置し、出入り口を2カ所(北側:Ⅰ期、南側:Ⅱ期)設置する予定です。駐輪場についても商業施設の南北に複数カ所(Ⅰ期にて4カ所稼働)設置する予定で、商業施設に訪れるお客さまの利便性を高めるとともに、街を訪れる方や駅を利用されるお客さまにもご利用いただける駐輪場を整備いたします。

防災機能

災害時の防災機能を整備

防災備蓄倉庫や非常用電源の設置、災害時における帰宅困難者の受け入れスペースの確保を計画するなど、訪れるお客さまに安心してご利用いただける環境の整備にも努めてまいります。

計画概要

計画概要

事業主 西武鉄道株式会社
運営・管理 株式会社西武プロパティーズ、住友商事グループ
事業費 268億円
所在地 埼玉県所沢市くすのき台一丁目1番1他
敷地面積 約 39,400m² (西武鉄道ビル敷地を含む)
延床面積 約116,000m² (増築:約66,400m² 既存:約49,600m²)
構造 鉄骨造
階数・高さ 地上5階・地下2階 高さ29.65m
店舗面積 約18,500m²
店舗数 約120店舗(Ⅰ期:77店舗 Ⅱ期:約40店舗)
駐車場台数 約500台(Ⅰ期:約380台 Ⅱ期:約120台)
駐輪場台数 約1,600台(Ⅰ期:約800台 Ⅱ期:約800台)
設計 株式会社東急設計コンサルタント
施工 西武・前田 建設共同企業体
工期 2016年8月~2020年6月(予定)
開業予定 Ⅰ期 2018年3月2日
Ⅱ期 2020年夏(予定)

開発スケジュール

所沢エリアの開発スケジュール

東口駅ビル計画 Ⅰ期2018年3月 Ⅱ期2020年夏(予定) 西口開発計画段階開発スケジュール

開発後イメージ

開発後イメージ(動画)