HOME > 企業情報 > 地域貢献活動

地域貢献活動

西武プロパティーズは、西武グループのスローガンである「でかける人を、ほほえむ人へ。」のもと、お客さまや地域にお住まいの皆さまの信頼やニーズにお応えしながら、「感動とほほえみあふれる街づくり」を通じて社会に貢献し、お客さまに必要とされる企業をめざしています。

西武グループの商業施設で「チャレンジ☆キッズショップスタッフ」を開催

お子さまの健やかな成長を応援

2015年より、西武グループが推進する「こども応援プロジェクト」の一環として、当社が運営管理する商業施設においてショップスタッフ体験ができる『チャレンジ☆キッズショップスタッフ』を毎年夏休み期間に開催しています。
本プログラムは、お子さまの健やかな成長を応援し、施設がより身近な存在となるよう、普段お買いものをしているショッピングセンターのお店で、接客や商品整理など実際に店舗スタッフが行っていることを体験していただける小学生対象の体験型イベントです。

Nicot拝島にメットライフドームの人工芝を園庭に敷設

人工芝を再利用することで環境へ配慮、安全な保育環境も整備

2017年4月に開設した8カ所目となる駅チカ保育所「Nicot(にこっと)拝島」では、広々とした園庭に埼玉西武ライオンズの選手が実際にプレーしていた西武プリンスドーム(現メットライフドーム)の人工芝を敷設し、転倒による怪我の予防にもつなげるなど安全な保育環境を整備しています。
また「Nicot」では、西武鉄道や埼玉西武ライオンズをはじめとした西武グループ各社と連携した体験型のカリキュラムを取り入れており、電車マナー教室や埼玉西武ライオンズのマスコット「レオ・ライナ」との野球体験、園外活動として車両基地の見学などを開催し、安心できる保育環境を整えるだけでなく、子どもたちにとってもより楽しく、充実した保育生活を保育所運営事業者と協力し、提供しています。

東京ガーデンテラス紀尾井町のビオトープでの取り組み

自然に近い生態系を目指し環境整備

2016年7月、東京ガーデンテラス紀尾井町「光の森」において、都心の貴重な緑をつなぎ、エコロジカル・ネットワークを形成する目的で、ホタルの主食となるカワニナの放流をいたしました。
当日はビオトープに関する概要説明後、プロジェクトにご協力いただいているヤフー株式会社 代表取締役社長 宮坂学様や近隣の千代田区立麹町中学校 理科クラブの生徒のみなさまとともに、カワニナを放流いたしました。

このような取り組みを通じて住んでみたいと感じていただける、魅力あふれるまちづくりを推進してまいります。