HOME > ニュースリリース > 2016年度 > 西武鉄道駅直結ショッピングセンター「西武本川越ペペ」1階 4月上旬リニューアルオープン ~本川越駅西口開設に合わせ、観光のお客さまにも魅力のある施設づくりを行います~

西武鉄道駅直結ショッピングセンター「西武本川越ペペ」1階 4月上旬リニューアルオープン ~本川越駅西口開設に合わせ、観光のお客さまにも魅力のある施設づくりを行います~

2016年02月10日

株式会社西武プロパティーズ

株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、社長:安藤 博雄)は、4月上旬に西武鉄道新宿線 「本川越駅」に直結するショッピングセンター「西武本川越ペペ」の1階をリニューアルオープンいたします。

西武グループでは、「西武グループ中期事業計画」における「アセット戦略に基づく保有不動産の有効活用による安定収益基盤の強化」を目指しており、本計画は「既存事業のバリューアップ」の具体的施策となります。

「西武本川越ペペ」では、立地特性を活かした利便性の高い「ライフスタイル提案型」への取り組みを強化しており、2012年度より順次施設のリニューアルを進めるとともに、増加する訪日外国人のお客さまへのサービスの向上を目的として無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスの導入などに取り組んでまいりました。

本川越駅の西口開通(2月20日)を踏まえ、日常的に駅をご利用いただいているお客さまや地域にお住まいのお客さまに加え、国内外問わず観光で川越にお越しになるお客さまにも利便性の高い魅力のある施設づくりを行うために、施設の玄関口である1階の改札前コンコースに面して、売場を増床し、川越市が運営する「本川越駅観光案内所」の移転とともに新たに「イッツデモ」(服飾雑貨)、「カフェコムサ」(カフェ)の計3店舗を導入いたします。新規店舗では観光客にも対応した和雑貨やメニューの提供なども予定しております。

また、改札前コンコース側の環境を整備し、観光地「小江戸 川越」のイメージアップを図るほか、新たにデジタルサイネージを設置し、施設や観光等の情報を発信してまいります。1階の既存フロアにおきましては、婦人服や生活雑貨を中心に、服飾雑貨や和洋菓子、飲食等の幅広い業態店舗を導入し、同日にリニューアルオープンをする予定です。

また、併せて3階におきましては、一部店舗の入替えを行い、更なる利便性の高い商業施設を目指します。