HOME > ニュースリリース > 2016年度 > 西武線沿線 駅チカ保育所「Nicot(にこっと)」 拝島駅北口に「Nicot拝島」を開設し沿線全体で8カ所へ ~西武プリンスドームの人工芝を園庭に敷設し西武グループを身近に感じる施設に~

西武線沿線 駅チカ保育所「Nicot(にこっと)」 拝島駅北口に「Nicot拝島」を開設し沿線全体で8カ所へ ~西武プリンスドームの人工芝を園庭に敷設し西武グループを身近に感じる施設に~

2016年11月01日

株式会社西武プロパティーズ

 西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)と株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、社長:安藤 博雄)(※以下、西武グループ)は、2017年4月1日(土)に西武線沿線で8カ所目となる駅チカ保育所「Nicot(にこっと)拝島」を新たに開設します。

 西武グループでは、2010年6月に子育て応援プロジェクトの一環として駅チカという利便性の高い立地に駅チカ保育所の第1号となる「Nicot東久留米を開設しました。これは、働くお母さん・お父さんへの子育てサポートとして、安全で安心できる保育環境を整え、西武線沿線の魅力向上を目的として推進しています。

 今回新設する「Nicot拝島」では、広々とした園庭を確保し、その表層には埼玉西武ライオンズの選手が実際にプレーした西武プリンスドームの人工芝を敷設します。子どもたちに埼玉西武ライオンズを身近に感じてもらい新たなファンの醸成や西武グループのロイヤルカスタマーを育成するとともに、転倒による怪我の予防にもつなげるなど安全な保育環境を整備してまいります。

 またNicotでは、西武鉄道や埼玉西武ライオンズをはじめとした西武グループ各社と連携した体験型のカリキュラムを取り入れており、電車マナー教室や埼玉西武ライオンズのマスコット「レオ・ライナ」との野球体験、園外活動として車両基地の見学などを実施し、安心できる保育環境を整えるだけでなく、子どもたちにとってもより楽しく、充実した保育生活を提供しております。

 今後も、西武線沿線の各自治体と協議を行いながら、引き続き西武線沿線の保育施設の開設を進めてまいります。西武グループはこれからも、皆さまに満足していただけるようサービスの向上や住みやすいまちづくりを進め、“ほほえみあふれる沿線”を目指してまいります。

■施設概要

開設予定:2017年4月1日 

所在地:東京都昭島市美堀町五丁目21番1号

拝島線拝島駅より徒歩約1分

定員:60名(0歳:6名、1歳:10名、2~5歳:各11名)

基本保育時間:7:00~18:00 

運営者:株式会社こどもの森

■「Nicot(にこっと)」について
西武線沿線の子育て支援施設の充実を目的に保育所運営事業者と協力し、「Nicot(にこっと)」の名称で駅の近くに保育所を展開しています。『Nicot(にこっと)』とは、西武グループのスローガンである「でかける人を、ほほえむ人へ。」のほほえみをこどもらしく表現した言葉で、こども達が笑顔で健やかに育ってほしいという想いが込められています。また、子育て支援事業のポイントとなる、「Near」(近い)「Interesting」(おもしろい・興味がある)「Convenience」(便利)Original」(独自の)「Together」(共に)という5つの単語の頭文字を組み合わせたものでもあります。
 

関連情報