HOME > ニュースリリース > 2016年度 > 西武の駅チカ賃貸住宅ブランド「emilive(エミリブ)」5号物件 フィットネスと賃貸住宅の複合施設「(仮称)エミリブ鷺ノ宮」着工のお知らせ ~グループ保有資産の有効活用を推進してまいります~

西武の駅チカ賃貸住宅ブランド「emilive(エミリブ)」5号物件 フィットネスと賃貸住宅の複合施設「(仮称)エミリブ鷺ノ宮」着工のお知らせ ~グループ保有資産の有効活用を推進してまいります~

2016年11月29日

株式会社西武プロパティーズ

株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、社長:安藤 博雄)が西武鉄道沿線で企画開発・運営管理を行う駅チカ賃貸住宅「emilive(エミリブ)」において、2016年11月29日にシリーズ5物件目となる「(仮称)エミリブ鷺ノ宮」(東京都中野区、地上10階建て、総戸数70戸)の工事に着手いたしました。

西武グループ長期戦略では、当エリアを都心と郊外の魅力を兼ね備えた西武鉄道沿線を代表する「優良な住宅地としての確固たる地位の確立を図るエリア」として位置付けております。本計画では、2016年3月末に営業を終了した「西武鷺ノ宮フィットネスクラブ」跡地において、1階部分に新業態の小規模フィットネスクラブを備えた良質な賃貸住宅の供給を推進することで、さらなる沿線の魅力向上を目指してまいります。

■「(仮称)エミリブ鷺ノ宮」について

西武新宿線 鷺ノ宮駅 徒歩3分の好立地ながら、妙正寺川や豊かな自然に恵まれた環境であることから、 ファミリーや子育て世代の方にお住まいいただける3LDK (8戸)、2LDK (33戸)を中心に、多彩なライフスタイルにお応えする全23タイプを設定。

お子さまの遊び場やガーデニングに使える専用庭付きプラン(6戸)や、眺望や開放感を楽しめるルーフバルコニー付きプラン(5戸)、用途に合わせて空間を使い分けることが出来る可動間仕切り付きプラン(7戸)をご用意するなど、お住まいの方にご満足いただける住環境を提供してまいります。