HOME > ニュースリリース > 2017年度 > (仮称)東長崎駅南口計画を推進します ~2019年完成を目指し賃貸住宅・商業施設・保育所からなる複合施設を計画~

(仮称)東長崎駅南口計画を推進します ~2019年完成を目指し賃貸住宅・商業施設・保育所からなる複合施設を計画~

2017年02月14日

西武鉄道株式会社

株式会社西武プロパティーズ

西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)と株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、社長:安藤 博雄)は、池袋線東長崎駅南口周辺において、賃貸住宅・商業施設・保育所からなる複合施設の再開発計画「(仮称)東長崎駅南口計画」を推進してまいります。

東長崎駅周辺エリアは西武グループ長期戦略において、都市交通・沿線事業では「通勤・通学路線としての価値向上に寄与するよう、あらゆるお客さまが利用しやすい魅力的なエリア」、不動産事業では「優良な住宅地としての確固たる地位の確立を図るエリア」として位置付けており、本計画は、西友東長崎店の建替えを中心に西武鉄道が所有する周辺の土地とあわせて一体で整備・開発するものです。

今後、建築基準法に基づく諸手続き等を経て、2017年の着工を予定しており、2019年の開業を目指してまいります。

 

■「(仮称)東長崎駅南口計画  」概要

【事業概要】

所在地   東京都豊島区南長崎5丁目33番

事業主   西武鉄道株式会社

事業代理  株式会社西武プロパティーズ

設計    未定

施工    未定

【建物概要】(予定)

構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上11階建て

用途    [賃貸住宅]ファミリータイプ中心45戸(予定)

      [商業施設]西友の再出店ほか

      [保 育 所]認可保育園

敷地面積  約1,300㎡

延床面積  約5,000㎡

着工    2017年(予定)

竣工    2019年(予定)

※上記内容は現時点での計画であり、今後変更の可能性があります。