HOME > ニュースリリース > 2018年度 > 本年も『箱根ガラスの森美術館』とコラボレーション!クリスタルガラス約42,000粒を使用したツリーが昼も夜も美しく光り輝く「KIOI WINTER ~輝きの集い2018~」2018年11月12日(月)から開催!!

本年も『箱根ガラスの森美術館』とコラボレーション!クリスタルガラス約42,000粒を使用したツリーが昼も夜も美しく光り輝く「KIOI WINTER ~輝きの集い2018~」2018年11月12日(月)から開催!!

2018年10月12日

株式会社西武プロパティーズ

 東京ガーデンテラス紀尾井町(運営:株式会社西武プロパティーズ、本社:埼玉県所沢市、取締役社長:上野 彰久)は、2018年11月12日(月)から2019年2月14日(木)まで、クリスタルガラスをあしらったツリーや施設内各所がシャンパンゴールドに輝くイルミネーションを展開する「KIOI WINTER ~輝きの集い2018~」を開催します。

日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館『箱根ガラスの森美術館』とコラボレートしたクリスタルツリー
1F紀尾井テラス(商業施設)のメインエントランスには、箱根ガラスの森美術館とコラボレートした約6mのクリスタルツリーが12月25日(火)まで登場します。約42,000粒のクリスタルガラスがツリーに装飾されており、昼は自然光が射しこむことによってクリスタルガラスに反射し輝きを放ち、ガラスの反射光によって作り出された、虹色に光り輝くツリーをご覧いただけます。
夜はLEDライトに照らされることで、夜のなか真っ白に浮かび上がる幻想的なツリーとなり、昼と夜で様々な表情が変わるクリスタルツリーをお楽しみいただけます。
 
約480,000球の電球を使用したシャンパンゴールドに輝くイルミネーション

メインエントランス横に位置するテラスの小道(施設内)や弁慶濠沿い、4F水の広場を中心とする施設内各所には約480,000球の電球を使用したイルミネーションが登場。シャンパンゴールドの光が施設全体を包み込み、気品のある空間を演出します。