HOME > ニュースリリース > 2018年度 > 東京都時差出勤推奨プログラム「時差Biz」に参加します~スライド勤務を推奨し、従業員の多様な働き方を支援~

東京都時差出勤推奨プログラム「時差Biz」に参加します~スライド勤務を推奨し、従業員の多様な働き方を支援~

2018年07月06日

株式会社西武プロパティーズ

 株式会社西武プロパティーズ(本社:埼玉県所沢市、取締役社長:上野 彰久)は、2018年7月6日付で東京都主催の時差出勤推奨プログラム「時差Biz」に参加いたします。

本プログラムは、通勤時の満員電車の混雑緩和のため、通勤時間をずらすことで社会の生産性向上を目的とする働き方改革のひとつです。当社では本プログラムに参加することにより、従業員の働く意欲や生産性を向上させワークライフバランスの充実を図ってまいります。

当社では、本年4月より出勤時間を選択できるスライド勤務制度を導入しております。本プログラムへの参加をきっかけに制度の利用促進に加え、従業員が働きやすい環境づくりを推進するとともに、個々の能力を最大限発揮できる環境の整備により一層努めてまいります。

<参加認定日>

 2018年7月6日

<認定事業主>

 株式会社西武プロパティーズ

 所在地:埼玉県所沢市くすのき台1-11-2

 従業員数:459人(2018年3月末時点)

<当社のこれまでの時差出勤の取り組み>

 ・スライド勤務制の実施  ※7時~10時の間(30分単位)で自由に出勤時間を選択できます

 ・育児のための時差出勤制度適用対象を子が小学校第1学年修了までに拡充