HOME > ニュースリリース > 2019年度 > 傘のシェアリングサービス「アイカサ™」のレンタルスポット(傘立て)を、 西武鉄道新宿線の全駅(29駅)に設置します!

傘のシェアリングサービス「アイカサ™」のレンタルスポット(傘立て)を、 西武鉄道新宿線の全駅(29駅)に設置します!

2019年09月18日

西武鉄道株式会社

株式会社西武プロパティーズ

株式会社Nature Innovation Group

テキスト西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)と株式会社西武プロパティーズ(本社:東京都豊島区、社長:上野 彰久)は、株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区、社長:丸川 照司)が展開する傘のシェアリングサービス「アイカサ™」(以下「アイカサ™」)について、2019年9月22日(日)より西武鉄道新宿線 西武新宿~本川越駅の全29駅および駅ナカ・駅チカの商業施設に「アイカサ™」のレンタルスポット(傘立て)を設置し、傘のシェアリングサービスの実証実験(以下「本実証実験」)を開始します。

「アイカサ™」とは、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスで、レンタルスポットを設置してある場所であればどこでも傘を借用、返却できるサービスです。本実証実験では、西武鉄道新宿線全線を一つの「エリア」ととらえ、毎日の通勤や通学、お出かけの際に、雨の日であっても傘を持ち歩くことなく、快適に移動できるストレスフリーな鉄道沿線の実現を目指します。同時に、駅や電車内における傘のお忘れ物の削減のほか、廃棄物として処理されるビニール傘の本数の削減につなげることにより、環境負荷の低減にも取り組んでまいります。

今後、ご利用のお客さまの動向を見ながら、設置路線や設置場所の拡大について検討してまいります。

西武鉄道株式会社および株式会社西武プロパティーズ、株式会社Nature Innovation Groupでは、本実証実験を通じ、新たなおでかけの体験価値の創造に挑戦し、便利で環境にやさしい鉄道沿線の実現を目指してまいります。