HOME > ニュースリリース > 2019年度 > 西武鉄道「高田馬場駅」・「所沢駅」の駅構内に働き方改革推進の取り組みとしてテレワークのためのコミュニケーションブース「テレキューブ」を設置

西武鉄道「高田馬場駅」・「所沢駅」の駅構内に働き方改革推進の取り組みとしてテレワークのためのコミュニケーションブース「テレキューブ」を設置

2019年09月17日

西武鉄道会株式会社

株式会社西武プロパティーズ

テレキューブサービス株式会社

西武鉄道株式会社(本社:埼玉県所沢市、社長:若林 久)と株式会社西武プロパティーズ(本社:東京都豊島区、社長:上野 彰久)では、近年の働き方改革推進の取り組みの一環として、テレキューブサービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小山田 佳裕)が展開する防音性が高くプライバシーが確保された環境を実現するテレワークのための防音型コミュニケーションブース「テレキューブ」を、「高田馬場駅」および「所沢駅」の2カ所の駅構内に設置します。なお、埼玉県内では「テレキューブ」の設置は初めてとなります。

「テレキューブ」は『ビジネスパーソンが周囲に気兼ねなく働けるセキュリティの高いコミュニケーションスペース』をコンセプトに作られています。働き方改革が推進される昨今、時間や場所に柔軟性を持って働けるテレワークの活用は、働き方改革に最も有効な手段のひとつとして注目が高まっており、テレワークをする際に電話やWeb会議ができるスペースを必要とする場面が増えています。一方で、セキュリティやプライバシーを保ちながら話すコミュニケーションの場が不足しているという「テレワーク難民」も増えています。そのような課題を解決するスペースとして「テレキューブ」のニーズは高まっており、オフィスビルや駅構内などへの導入が始まっています。

西武グループでは「沿線におけるテレワークの推進」の一環として、「いつでも」「どこでも」「気軽に」働ける場を駅ナカ・駅チカから提供する試みを推進しております。西武線をご利用のお客さまや沿線にお住まいのお客さまに、移動の隙間時間を有効活用する新たな働き方を提案することで、生産性向上や働き方改革に貢献してまいります。