ライフステージから探す

単身者の方

交通事故やケガなどアクティブな世代だからこそ保険の検討を始めてみましょう

単身者の方のライフイベント例とポイント

  • 就職
  • 一人暮らし

社会人になり、自分の行動に責任を求められるようになります。若いうちは健康だから問題ないと思わず、将来を見据えて備えていきましょう。

  • ポイント①
    ご自身のケガや病気はご自分で備えましょう。
  • ポイント②
    病気を発症すると加入できない医療保険もあります。また、早いうちにご加入いただくと保険料が安いというメリットがあります。
  • ポイント③
    死亡保障(生命保険)については、自分のお葬式代分位の最低限の保障が必要です。
  • ポイント④
    自分の自動車をお持ちの方は自動車保険、一人住まいの方は火災保険も忘れずに。

特におすすめの保険

ご夫婦の方

結婚・住宅購入など責任を持つ世代です。リスク対策をしっかり考えていきましょう

ご夫婦の方のライフイベント例とポイント

  • 結婚
  • 住宅購入

結婚費用や住宅購入など大きな出費が考えられますので、家計負担を考慮して保険の見直しをしましょう。家族構成や年齢によって、必要な保障額は異なります。

  • ポイント①
    ケガや病気の保険医未加入の方はすぐに備えてください。
  • ポイント②
    ご自宅の火災保険は忘れずにご加入ください。
  • ポイント③
    自動車保険は団体扱自動車保険で家計を見直しましょう。

特におすすめの保険

ファミリーの方

仕事面では充実していても、健康面が心配です。病気のリスクに備えた保険を検討しましょう

ファミリーの方のライフイベント例とポイント

  • お子さまの誕生
  • お子さまの進学・教育費

お子さまの出産、育児などでは想定外の負担資金が家計を圧迫することも。また、お子さまの進学で教育資金が発生し、子供が複数いればさらに負担増になります。計画的に資金の準備を進めましょう。

  • ポイント①
    働き盛りで責任が重くなってきます。教育費や住宅ローン等のバランスを考えて必要な保険を用意しましょう。
  • ポイント②
    万が一の時に残された家族への補償も重要です。
  • ポイント③
    老後の準備も必要です。介護保険も忘れずに。

特におすすめの保険

シニアの方

充実したセカンドライフのために向けて備えという視点で保険を選んでみましょう

シニアの方のライフイベント例とポイント

  • お子さまの独立
  • セカンドライフ

定年を迎えられると、毎月の収支計画は変化していきます。将来を見据え、余裕のあるうちに補償や資産計画を見直しましょう。

  • ポイント①
    お子さまが独立されている方は大きな死亡補償は不要です。
  • ポイント②
    生きていくための補償を重要視して、医療保険を見直していきましょう。
  • ポイント③
    ご自分の持ち家に住まれている方は火災保険を忘れずに。

特におすすめの保険

㈱西武プロパティーズ 保険事業担当

フリーダイヤル0120-37-2380

【受付時間】9:00〜17:00
土・日・祝日定休、年末年始休業