株式会社西武プロパティーズ(本社:東京都豊島区、取締役社長:上野 彰久)が運営・管理を行う商業施設「西武本川越ペペ」の施設前広場において、2020年9月19日(土)に「西武本川越ペペ ファーマーズマーケット」を開催します。地元川越の農家や事業者をはじめ、西武本川越ペペの出店者や川越プリンスホテルなど全11店舗が出店いたします。

■地産地消を通して地域の魅力を再発見

「西武本川越ペペ ファーマーズマ―ケット」は、ウィズコロナにおける課題解決の新たなチャレンジです。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、地元の事業者は、飲食店への納品量が減少しているほか、直売等の販売機会が失われています。飲食店舗についても、観光客の減少で、売上が大幅に減少し、事業継続が危ぶまれています。
そこで、地元の事業者の販売機会を創出することで、フードロスの削減、および川越産農産物の地産地消に取り組みます。さらに、当イベントを通じ、地域経済の活性化、地域コミュニティの醸成の一翼を担います。また、同グループである川越プリンスホテルも本イベントに出店し、地場産品を使用したメニューを提供し、地産地消へ取り組んでまいります。

■持続可能な社会の実現に向けた 「サステナビリティアクション」

西武グループでは、グループ理念である「グループビジョン」に基づき、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを「サステナビリティアクション(ESG活動)」として実施。今回の「廃棄物削減」、「沿線・周辺自治体活性化」等4領域、12 アジェンダを設定し、アジェンダに沿った取り組みをグループ全社で積極的に行っております。今後も、地域の方・事業者の皆さまに親しまれる施設となるよう、西武本川越ペペではこれからも様々な活動を行ってまいります。

出展者(小野文製茶)
出展者(飯野農園)
西武本川越ペペ 外観