Our Business事業紹介

施設管理Facility Management

商業施設やオフィスビルなど、当社や西武グループが運営する施設について、大勢のお客さまに安心してご利用いただけるよう、維持管理を行っています。常にお客さま視線を忘れず、その一方で建築・設備のプロとしてのアンテナを高く掲げ、人と環境に優しい施設空間の提供に努めています。

主な管理施設
  • 商業施設
  • オフィス
  • レジャー施設
  • ゴルフ場施設
  • フィットネスクラブ

先輩社員インタビュー

多彩な建物の設備の
リニューアルを手がけています。

2014年入社 工学部建築学科卒業

当社が運営する商業施設は多数あります。それらの外見は大きくは変わってはいませんが、その施設内の設備などは時代とともに少しずつアップデートされています。私はその工事の監理を担当しています。手がけるのは商業施設や西武グループが運営しているレジャー施設など多彩です。ゴルフ場施設のリニューアルも担当します。どんな建物も時間とともに衰えてきますし、大勢の人の利用によって痛みも出てきます。常に先回りしたリニューアル計画を立てて対応することで建物の劣化を防ぎ、さらには新しい価値を生み出すことも可能になります。近年では環境問題への配慮が求められることから、例えば冷暖房計画にも自然エネルギーを積極的に採り入れるなどの工夫を心がけています。私がリニューアルを手がけた設備が大勢のお客さまの笑顔で満たされるのを見たとき、この上ないやりがいを感じます。今後はリニューアルに加え、新たな施設の設備工事にも携わり、ものづくりの喜びを味わってみたいと思います。

西武グループの事業のスケールを表すように、私が施工監理を手がける物件は年間100件ほどです。これらの物件の修繕を計画立て、チームで業務を進めています。

リスクを予測し、
事前の対応で建物を健全に保つ。

大規模な商業施設やリゾート施設など、不特定多数の人にご利用いただく建物の多いことが、西武グループならではの特徴です。そのため重要となってくるのが保守や維持管理の仕事です。私はその第一線で日々、数多くの建物の保守に携わっています。保守をする上で大切なのが、建物や設備の劣化をいち早く予測し、先回りして手を打っておくことです。例えば水漏れなどの異常が発生してからでは対応にも時間がかかってしまいますから、そうしたリスクを未然に防ぐよう、パイプ類に不都合は発生していないか、常に目を配っています。いわば建物のドクターのような存在といえるでしょう。もちろんお客さまが私たちのような保守担当者の存在を意識することはありません。完全に縁の下の力持ちとしての存在です。だからこそ人の目には見えないところに気を配り、リスクの芽を摘み取っていくようにしているのです。健康な建物にお客さまが笑顔で利用されいる姿を見るのが、私にとっての一番の喜びです。

ビルメンテナンス会社との連携のもと、西武鉄道沿線の施設の管理を行っています。蓄積してきた技術を若手に継承していくことも、これからの大切な仕事です